こどもと行こう!祇園祭2017 実施報告_親子ツアー@後祭

2017年7月22日(土)、23日(日)の後祭宵山の2日間、町にピンク色の一団が現れました!

6月に実施したプレ親子ツアーを経て、「親子ツアー」を実施しました。

2014年に復活した後祭。
露店も出ないので、祇園祭の風情あふれる京のまちを見て回ることができます。
そこで今回、特別に、祇園祭に長年関わっておられるスペシャリストにご案内いただくツアーを企画しました!
そもそも祇園祭ってどんなお祭りなの?山と鉾はどう違うの?
それぞれの山鉾には、どんなストーリーがあるの?
最初に祇園祭についての座学を行った後に、いくつかの山鉾を見にいきました。
こどもたちと一緒に、ホンモノの山鉾を見て歩き、お囃子を聞きながら、祇園祭の雰囲気を感じ、その魅力について学べる特別な時間となりました。

2日間で、合計59名の親子が参加してくださいました!

人が多い中で迷子にならないよう、運営側も参加者さんを見失わないように
嫌でも目立つピンク色のビブスを着用してもらいました。
少し恥ずかしいけど、、、みんな一緒なのでそこは多めに見てもらって(笑)

案内人は、ミスター祇園祭と呼ぶに相応しい先生方にご協力いただきました!!

左から、
小林孝夫さん(佛教大学研究員)
小川 彪雄さん(京都まつり・文教協会公認ガイド)
八木 透さん(佛教大学歴史学部教授)
大嶋 博規さん(祇園祭山鉾連合会理事)

こどもと行こう!祇園祭の親子ツアーは、祇園祭山鉾連合会のお墨付き(!?)
どこへ行っても温かく声かけていただいたり、こどもにおやつをくれる保存会の方もいらっしゃいました^^
町全体でこどもたちを見守ってくださってる空気が、親たちも安心して町歩きできました。

大人もこどもも興味津々に説明を聞きながら、
山鉾を見て懸装(けそう)品の中に居る多数の動物を探したり数を数えたりして過ごしました。

とーーーーっても暑い中、最後まで歩ききったこどもたちに拍手でした!!

つづく